ブルーライトで睡眠不足になる原因

おすすめ


こんにちはー!しおりです(`・ω・´)ゞ

常にスマホの画面やパソコンの画面をみて過ごし

ブルーライト浴びまくりの生活が当たり前になっています!

なので、今回は

ブルーライトの影響・原因・対策を紹介しまちゃいます!

スポンサーリンク

*ブルーライトとは

波長が380~500nm(ナノメートル)の青い光のこと。

パソコンやスマホなどのLEDディスプレイや

LED照明にはこのブルーライトが多く含まれています!

*ブルーライトの影響

網膜に到達する光の量や食事のタイミングなどでコントロールされている

体内時計のリズムが崩れて睡眠時間が減るのです。

布団に入ってからも、スマホの画面をみていたりすると

いざ寝よう!と思っても

寝付けなかったり、途中で目が覚めてしまって

睡眠不足になっていまうのです><

*眠れなくなる原因

現代では、当たり前に昼夜問わずどこにいてもブルーライトを浴びる生活になっています。

ブルーライトは、眠くなるホルモン「メラトニン」の分泌を抑えてしまい

脳が『朝だ!!』と思い目を覚まさせる働きをすることによって眠れなくなるのです(;´・ω・)

さらに「メラトニン」の分泌が減ることによって睡眠障害以外にも

肥満や生活習慣病、がんなどの発症に影響するのです((((;゚Д゚))))

*対策

睡眠は、脳を休ませるために必要な生理現象です!

意識や知能、記憶などの大きな役割がある大脳は

睡眠不足に弱く、仕事など日常生活に影響がでるのです><

睡眠不足を防ぐために

寝る1時間前からスマホの画面を見ないようにするなどの対策が必要です!

さらにブルーライトをカットできるものを使うことをおすすめします◎

スマホの画面・パソコンの画面からブルーライトをカットする方法はこちら\( ‘ω’)/

*最後に

わたし自身もブルーライトの影響で睡眠不足の日々でした。

元気がでなくて、頭もうまく働かない…

そんな毎日でした。

「なんだか毎日だるいなあ」

って思うひとは、ブルーライトが原因かもしれません!

なので、ぜひブルーライトカットを意識してみてください(`・ω・´)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました