思い出と思入れは、ちからになる。

奮闘記

こんにちは~!Shioriです\( ‘ω’)/

みなさんは、

“胸が張り裂けそうになるような願いごと”

ってありますか?


わたしには

9歳の頃から願えば願うほど

胸が張り裂けそうで時には涙を流しながら願うことがあります。


それは

“わたしが通っていた保育園が復活すること”


9歳のときに閉園してしまい

その最後のお別れ会の瞬間からずっと願っていることです。


詳しくは追々お話出来たらと思うのですが

あまり家庭環境が良くなく

保育園が心のよりどころでした。



少人数保育園で、

一学年多くても5人、少なければ1人という

先生と園児と親の距離がとても近い

アットホームな園でした。


先生たちのこともあだ名で呼び

大人になった今でも一緒にご飯に行ったりする仲です。

一番、お世話になっている

のーちゃんという園長の立場だった先生がいます。

うちの家庭の事情を知っていたので

小学校に上がってからも

夜、心配して電話をくれたり

ご飯に連れて行ってくれたりしていました。

これは保育園がなくなった後も変わらずしてくれていました。


わたしは、のーちゃんが大好きで

のーちゃんの優しさと笑顔にいつも救われています。


ひとりで寂しい夜は

卒園アルバムの手書きメッセージを読みながら

いつも泣いていました。

のーちゃんの言葉が優しくて

自分をわかっていてくれて

それがすごく暖かったです。


保育園が閉園して建物が壊される直前まで

隣の市にから自転車で何度も通い

何もなくなってしまってからも何度か通い

ひとりで切ない気持ちでいました。


家庭の環境のせいにはしたくないですが

子供って精神が未熟だから

家庭の環境に左右されやすいと思うんですよ。


とくにわたしは昔から精神のコントロールがうまく出来ず

みんなと自分は違うと思っていました。

結構それが自分のコンプレックスのひとつでもあります。

今でも苦労する面はあるのですが

昔は、特にカッとなりやすく

学校でも、問題ばかりでした。

(キレてコップ投げつけたり…)

保育園のときはそんなことしたことなかったし

保育園が閉園してからより精神のバランスが崩れたようにも感じます。


今でも、保育園が大好きで

一昨年の夏頃に

のーちゃんと二人で

保育園のお散歩コースを一緒に

思い出話をしながら歩いていたのですが

保育園があった場所を眺めていたときの

のーちゃんの後ろ姿が切なくて

保育園がない現実を改めて突き付けられた感じでした。


保育園の場所に一緒に行ったのは

保育園がなくなって以来だったので

より一層、現実を見た気がしました。




わたしは願うばかりで

この願いは叶わない願いだと思っていました。


だけど、今のわたしは

この記事で

絶対に叶える夢のひとつに

“保育園を作る”

ということが入っています。

ただただ願うばかりだったのが

今では、自分の力で叶えようと思っています!



実は、

チャットレディーとはまったく関係ない仕事で

美容クリニックのオーナーさんと打ち合わせしているときに

その方が

「保育園作りたいんだよね。場所があって国の許可が下りればお金も出るし」

という話をしていて…



( ゚Д゚)!?


保育園って自分で作れるの!!!!!????



と、驚きでした。

本当に無知というのは損をしますね。

その場でその話を聞けたことに

神(かずさん)に感謝です。

かずさんの知り合いのオーナーさんで

かずさんにきた仕事を一緒にさせてもらっているので

チャンスをありがとう(´;ω;`)!!!

ってまだ言えてないけど

心から思っています。


認可が下りれば国からの援助は出ると思うのですが

近くに保育園と幼稚園が一緒になっているとこがあるので

認可はなかなか難しそうですが

認可はまず置いておいて

復活出来る程の資金と頭を持ちたいと思います(`・ω・´)ゞ


もしかしたら

わたしだけなのかもしれない。

みんな、先生たちも卒園生も父母も

みんな過去のことになって

新しいことに進んでいるのかもしれない。


昔から幼馴染たちが

保育園のことに対して、あっけらかんとしている感じをみて

なんだか自分だけその場に取り残されたような気持ちになっていたし

わたしがひとり熱くなりすぎなのかもしれない。


だけど、わたしは保育園に救われた。

この事実はゆるぎないこと。



一昨年、先生ふたりと幼馴染ふたりと集まったときに

他の子たちの話も聞いていて

みんな、専門職についてすごく頑張っていて

わたしはいつも劣等生ポジションで

子供の頃から変わらないなーと思って


「みんなすごいなー。わたしは全然だもん」


って何気なく言ったら


のーちゃんじゃないもうひとりの先生

あだ名は、かっくらって言うんだけど

かっくらが


「しおりはしおりなんだからいいんだよ~」


って言ってくれて

すごく普通の言葉に思うだろけど

わたしにはその言葉がすごく心にしみて

泣きそうになった。

今でも、その言葉はずっと頭の中でよく再生される。


わたしは、わたしなんだから

わたしが思うままに突き進みたい。



保育園を作る一つ目の目標は

自分が通っていた場所に作ること。

そして、その後の目標は全国にも作ること。




世の中には、絶対困っている子供がいる。

心のよりどころがなくて

苦しんでいる子供がいる。


そういう子たちを救える保育園を作りたい。




こんな言い方したらいけないと思うけど

だめな親はどれだけ子供が向き合おうとしても

変わらないし、変えることもできない。


だから、親を変えるんじゃなくて

親だけにしか頼れない環境から引っ張り上げてあげられる環境を

わたしは作っていきたい。


自分の家庭環境が良くなかったこと

根に持つ程、嫌な出来事。

たっくさんあるけど

でも、そのおかげで

保育園がわたしのよりどころになって

今、叶える夢になって向上出来ている。



全てマイナスに思っていたことが

今、少しずつプラスに変わり始めているのが嬉しい。


願ったって保育園は復活しないし

ひとを変えようと思っても無理。



自分が変われば全て変わる。



難しいことだらけで不安だけど

わくわくする気持ちもある。

難しいけどやり遂げたい。

自己満でもいい!

わたしはわたしの夢を叶えようと思う。

自分の人生だからこの想いを大事にしたい。


前回の、

この想いとはまた種類が違うけど

熱い気持ちは同じ!


わたしは出来る!!!!!



想いは一番力になる。


好きなものが少ない分

好きなものにかける情熱が大きくてよかった。


そこに向かって頑張る!!!



今日も前向き(*’v`)b

明日も、前向きに頑張ります!!!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました