糖質中毒は薬物中毒と同じである

食事

わたしたちが、日々食べているものの中に

どれだけの砂糖が入っているか知っていますか?

そして、無意識に食べているものの中には

実は、中毒によるものが存在するのです!!

スポンサーリンク

スプーン40杯分の砂糖を1日で摂取している

オーストラリアでの研究の結果で

ハンバーガーやお菓子といったジャンクフードではなく

シリアルやヨーグルトといった

いかにも健康意識の高そうなヘルシーと思っている食べ物を食べることで

1日で、スプーン40杯分の砂糖を摂取しているということがわかったのです!

この生活を60日間続けると

血液検査で中性脂肪値や肝臓の数値に悪い大きな変化が現れます。

さらに、体重はたった60日間で8.5kgも増えてしまったのです!!

体の異常だけではなく、精神的にも異常がありました。

実験者の報告がこちらです。

①朝起きると体がだるく、糖分がほしくなる

②糖分を摂取すると脳がおいしいと感じる。幸せを感じて45分程、ハイな気分になる。そして子供っぽくなる。

③その後は、体がだるくなる。そして集中力も落ちてイライラする。

④糖分が猛烈にほしくなる

これがまさに、糖質中毒の症状なのです。

いかにもこれは砂糖です!

と、わからない状態で知らず知らずのうちに摂取しているのです。

あなたが普段、飲んでいる飲み物は大丈夫ですか?

☆飲み物の糖分にが気になる方はこちら☆

文明食による糖質中毒

企業は人間が中毒になるほど、利益が上がります。

日本には、ハンバーガーなどのジャンクフードがない時代がありました。

どこから来たのか?

と、考えたときにアメリカなどからやってきた文明ということがわかります。

そういった文明食(大量の糖質)はお金のある国に運び込まれ

それによって儲かるひとがいるということなのです。

今では、日本人はコーラは健康に悪影響がでる!

と、認識していて騙されることはないですが

「健康に良い」「エネルギーチャージ」「頭がすっきり」

などという宣伝には容易に反応してしまいます。

こんなことを言いながら

大量の砂糖が入っているものが存在するので注意しなければなりません。

★スポーツドリンクで重度の糖尿病になる★

生き延びるための糖質である

山で遭難し、命を落としてしまうのは

ほとんどが低体温によるものです。

体温が維持出来て川の水などが飲める状態であれば

1か月程度、生き延びることが出来るのです!

食べ物が一切ない状態が続くと

肝細胞などに取り込まれているグリコーゲン(体内で作る炭水化物の一種)

エネルギーとして使われます。

そしてそれがなくなれば、

脂肪をエネルギーとして使い、一部をブドウ糖として血液に放出されます。

それによって血糖値を安定させて命をつなぐことができるのです。

登山者が重い荷物の変わりに

チョコレートなどの糖質がたくさん含まれたものを常備しているのは

いざというときにそれを口にするのが一番効率的だからです。

現代を生きる日本人にいざというときは滅多に起こりません。

ですが、

わたしたちの先祖は、常に餓えていていつ死んでもおかしくない状態でした。

そのことから先祖たちの脳には

「血糖値を下げ過ぎてはいけない。チャンスがあれば逃さず糖質を摂りなさい」

という指令がプログラムされているのです。

現代を生きるわたしたちにも、そのまま引き継がれています。

野菜や魚が嫌いなひとはいても

ラーメンや、ごはんが嫌いなひとが少ないのは

生き延びるために糖質を摂取するようにできているからなのです。

薬物中毒とメカニズムが似ている

糖質を摂取したときに脳が幸せを感じ、

快楽物質セロトニンやドーパミンが放出されます。

この仕組みは、日常的に餓えていた先祖の時代に

血糖値が下がりすぎて命を落とさないように」

というものでした。

ところが、現代の日本人は

餓えてもいないのに脳の快楽のために糖質を取っています。

この行動がまさに糖質中毒なのです!!

アメリカの薬物の研究所所長が

「薬物依存と食べ過ぎはメカニズムが似ている」

と、指摘しています。

どちらも脳が幸せという報酬を得るために繰り返される中毒ということです。

糖質がやめられないのは意思の弱さではない

お医者さんからダイエットをしなさい

と言われる肥満の患者さんが

ラーメン屋さんの前を通るとついつい、わかっていながらも

暖簾をくぐってしまう行動も

甘い菓子パンやケーキなどのデザートがないと満足できないのも

全て意思の弱さでなく

糖質によって脳がおかしくなっているための中毒なのです。

この表を見て今の自分の状況を認識してみてください。

はい。という答えがいくつありましたか?

0~2個・・・中毒ではない

3~4個・・・軽い中毒

5~7個・・・中等度の中毒

8~10個・・・重度の中毒

余談ですが、以前のわたしは10個でした。

夜中のラーメン。食べ終わったあとのだるさ、眠気。

それに加えてたくさん食べたはずなのに満足しない。

など本当にすべてが当てはまりました。

ですが、今は生活改善をして

はい。は1個におさまっています。

今までなにも気にせずお腹いっぱい食べていたのを

しっかりと腹八分目にしているので多少の物足りなさは感じます。

ですが、これも続けて行くことでなくなり

いずれ0個になります!

この表での結果を元に今の自分の状態をしっかり客観視して

健康状態や食生活を見直しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました